JUDGE EYES:死神の遺言をクリアしたので感想でも

キムタクが如くクリアしました!

f:id:vein1112:20181213193106j:plain

とりあえずクリアした感想

めちゃくちゃ面白かったです!!

あまりに面白すぎて、他のことしたくないぐらいでした

閃の軌跡Ⅳをプレイしてたときなみにのめり込んでました

 

悪かった点

面白かったといいつつ、悪い点から上げます

  • 戦闘が単調
  • 調査、尾行などの探偵パートが面倒
  • 雑魚戦が多くて固くてめんどくさい

といった点です

 

戦闘が単調

戦闘は基本的に殴る蹴る避けるぐらいしかやることがなく、

最初から最後までそんな感じなので、戦闘自体は途中から面倒でした

EXアクションの演出は面白いのですが、出ないときは延々と敵なぐったり、

攻撃避けたりするだけで単調だなあ……って感じでした

 

調査、尾行などの探偵パートが面倒

主役である八神は探偵なので、ターゲットを尾行するパートや、部屋の中を調べたりするパートがあるんですが、まず尾行するパートから

尾行するパートはターゲットに気付かれないように追いかけるというミッションなんですが、これだけ聞くとスニーキングミッションみたいな感じで面白そう!ってなるかもしれないですが、実際には相手の後ろをついて、たまに物陰に隠れるだけです

しかもターゲットはよっぽど周りが気になるのか、頻繁に後ろを振り返ります

別にそれ自体は構わないのですが、その度にターゲットが先に進むのをまたないといけないわけで、単純に尾行パートが長引きます

1,2回程度ならともかく、割としょっちゅうあるイベントなので、毎回ターゲットが移動を開始するのを待つだけの時間は結構ストレスになります

シナリオ最期の尾行イベントに至っては、ターゲットがやたら警戒するわ、曲がり角曲がった直後で待ち構えてるわ、失敗するとだいぶ戻されるわで、かなり苦痛でした

調査パートに関しては尾行パートよりはかなりマシですが、調べる対象の広さの割に、調べる箇所のヒントが無く、手がかりを見つけるのに時間がかかりました

これに関しては鋭い人はすぐに終わったりするのかもしれませんが、移動しながら調べるシーンとかはホント範囲が広すぎるわ、視点が一人称になるので酔うわで、大変でした

すぐ終わるところはホントすぐ終わるんですけどね

 

雑魚戦が多くて固くてめんどくさい

町中を歩いているとチンピラに絡まれて戦闘になります

序盤というか、チンピラやヤクザに絡まれた場合は割とあっさり方がつくので構わないのですが、物語の途中から出てくる京浜同盟

この同盟、最初はヤクザやチンピラと変わらないのですが、物語を進めていくとどんどん強力な敵が出現するようになり、雑魚戦にもかかわらずHPがボス並みにあったり、攻撃がやたら痛かったり、ガードが硬すぎるやつが現れたり、銃を撃つやつが現れたりと、戦闘がどんどんめんどくさくなっていきます

しかもその上この同盟をのし続けると、四天王と呼ばれる敵が出現するようになります

四天王自体は無視してもいいんですが、こうなると京浜同盟のザコ敵が大量に出現する上、四天王を無視するとなんで助けてくれないんですか?的なメッセージが出てきて鬱陶しいことこの上ないです

終盤は絡まれるのが鬱陶しいのでタクシーでずっと移動してました

 

良かった点

さて、上記で色々悪いところを書いたのですが、良かったところはもう一点につきます

シナリオが超面白い!!

上で書いた悪い点はゲーム中ずっと付きまとうものですが、

にもかかわらず最期まで夢中になってプレイできたのはひとえにシナリオが面白かったからです

先にサブシナリオからになりますが、こちらはあんまりプレイしてません

というのも、メインのシナリオが面白すぎて、途中から横道にそれたくなくなったからです

序盤はある程度こなしていたので、その範囲での感想になりますが、

本編がシリアスなせいか、ギャグっぽい話しが多いのかな?という印象です

記事にも書きましたが、変態三銃士とかパンティ教授とか、

他にもアクの強いキャラが出てくるわけですが、かなり笑えます

街の中でフレンドを作るとフレンドのイベントがあったり、女の子はデートに誘えるみたいですが、そっちはあんまり進めていないのでなんとも言えないです

で、メインとなるシナリオですが、主人公の八神が最初の事件で連続殺人犯を無罪にしてしまったことから、弁護士を辞めて探偵になっているというところからスタートします

それがかつての先輩の弁護のために材料を集める調査を行い、無罪を勝ち取ったものの真犯人は見つかっていない。そいつを絶対に見つけてやる!というところから始まります

シナリオの良さがこの作品の最大の売りかと思うので、ネタバレになるような話はできません。これに関してはもうほんとなんの前知識もなしにプレイしていただきたい

八神が追い込まれることが多いながらも、少しずつ真実を暴き出していく過程と、それらすべてを最期の決戦にぶつける流れがほんとに見てて気持ちよかったです

惜しむらくは、法廷のパートが少ないことですかね。弁護士の話なので、定期的に法廷でのシナリオがあるのかと思ってたんですが、そうではなかったのが残念です

あとは戦闘に関してですが、

面白さはともかく、シナリオ上でこいつぶっ飛ばしてやりたい!みたい展開になったときに、自分の操作で敵を殴れるのはいいですね

アクションだからっていうのもありますが、ステゴロの喧嘩だから、自分が殴り倒した!っていう気分になれていいのかも。羽村のカシラをぶっ飛ばしたときは超気持ちよかったです

 

まとめ

ほぼほぼメインのシナリオだけを追っていってプレイした結果、大体30時間ぐらいでした

サブイベントはかなりの量あるみたいですし、ミニゲームも色々あるようなので、全部遊びつくそうとしたら2倍近く時間がかかるんじゃないでしょうか

悪い点も結構書きましたが、まあ面倒なら難易度をEASYにしてしまえば、ストレスなく物語を進行できるんじゃないでしょうか

龍が如くシリーズはほぼほぼやっていないので、他の作品と比べてどうとかは全くわからないです。逆に龍が如く全くやったことない人でも楽しめると思います

キムタクに関しては、キムタクっぽいキャラでよかった!とか、こんなんキムタクじゃねえよ!とか、思うところはあるのかもしれないですが、

少なくとも普段ドラマとかバラエティとか見ないけど、HEROの久隆が好きだった自分は、今作をとても楽しめました