【ツクール】アニメーション合成ツール作成日記1

VXAceでも作ってたアニメーション合成ツールを作成しようとして、

MVならJsonだからデータ読み込みできるしC#でいいじゃんってことで、

C#でアニメーション合成ツールの作成を開始しました

 

備忘録もかねて、中身の情報とかを書いてみる

 

アニメーションデータはdataフォルダのAnimation.jsonを参照

JsonデータをC#のクラスにするのは

json2csharp - generate c# classes from json

のサイトが便利だったので利用させていただきました

 

とりあえず合成するにも再生できないと確認のしようもないので、

まずはアニメーション再生機能を作成

 

必要なデータはanimation1Name、animation1Hue、animation2Name、animation2Hue、frames

 

animationNameとHueはそのままファイル名と色相が設定されています

 

framesの中身は配列で、

ツクール側だとアニメーションのセル設定の中身が入ってるっぽい

f:id:vein1112:20180502210211p:plain

 

パターンは使用するアニメーションの画像のインデックスが設定されていて、

パターンが100を超えるとanimation2Nameの画像が使われるっぽい

 

その辺を踏まえて、C#のフォームにピクチャーボックスを用意して、

60fpsで再生される想定で適当にスリープを入れつつピクチャーボックスを更新した結果、現在こんな感じ

 

youtu.be

 

回転、左右反転、不透明度、合成方法、色相変更は対応してないので、

とりあえず画像が動くねーってところまでできた感じ